採用情報

MESSAGE

先輩看護師からのメッセージ

Q1 「看護師になって良かった!」と思ったエピソードを教えてください。

地域の急性期病院と連携し、脳血管疾患や神経難病、大腿骨地域連携パスを活用した大腿骨骨折後の回復期リハビリテーションを行う病棟で勤務しています。患者さんや家族に向き合い、医師・看護師・薬剤師・栄養士・MSW・理学療法士などが情報共有し一丸となり医療を提供しています。リハビリテーションが進み、入院時にはできなかった事が出来るようになり、患者さん自身が回復できたことを実感した姿を見ることができた時と、笑顔で退院される時がとても嬉しいです。その回復のお手伝いができることが看護の喜びです。

Q2 現在の職場はどのような雰囲気ですか?

回復期を担い、脳血管疾患や骨折のリハビリテーションを目的とした患者さんが多く入院しており、患者さんとの会話や笑顔が多い活気のある病棟です。看護場面では患者さんの立場になって考え、心に寄り添った看護が出きるようにスタッフ一人ひとりが心がけ、看護カンファレンスを行うことで統一した看護を提供できるよう努めています。患者さんとの関わりで悩んだり落ち込んだ時には、先輩方が優しく声をかけてくれたり相談にのってくれる等、スタッフ全員で支え合いながら楽しく仕事ができています。